教職者&スタッフ Ministry Staff & Leadership

教職者 & スタッフ Ministry Staff & Leadership

教職者 Ministry Staff

 

伝道者 (説教者/主任牧師) Preaching Minister/Senior Pastor
恒枝 篤史(つねき あつし) Atsushi Tsuneki

 

 

1966年、岡山県倉敷市に生まれる。神戸市外国語大学中国語学科卒業、米国ハーディング大学でビジネスを学び、その後アビリン・クリスチャン大学大学院で「組織・人材育成学」修士を終了後、東京でビジネスマンを10年間経験。その後、献身を決意し、アビリン・クリスチャン大学大学院で「牧会学」修士課程を修了。立川キリストの教会での伝道者を経て、2009年4月より、水戸キリストの教会の伝道者(牧師)。恵勇会空手師範。2010年度水戸市立千波幼稚園PTA会長。2013年度より2015年度まで水戸市立千波中学校PTA会長。

 

妻、真理と結婚し、4人の子供たちの父。趣味は格闘技(特に空手)、ウォーキング、イラスト、デザイン、スクラップ・ブッキング、ラーメン、十字架のコレクションなど。将来の夢は、「究極のラーメン」を求めて、全国各地のラーメン屋を渡り歩くこと、とか(笑)。

 

Atsushi Tsuneki grew up in Kurashiki, Okayama, Japan. He graduated with a BA in Chinese from Kobe University of Foreign Studies, then continued studying Business Administration at Harding University in Arkansas, USA. He completed an MA in Organizational and Human Resource Development at Abilene Christian University in Texas, after which he returned to Tokyo and worked for ten years as a businessman until he felt called by God to full-time ministry. He returned to Abilene Christian University with his family to complete an MA in Christian Ministry, and after working for a time in ministry with a church in Tachikawa, he moved to Mito to become the minister for Mito Church of Christ in the Spring of 2009. PTA President of Senba Junior High School in Mito City from 2013 till the spring of 2016.

 

Atsushi is happily married to Mari, and they have four children. He enjoys martial arts (specifically karate), going for walks, scrapbooking, illustration and design, eating ramen, and he collects crosses. His dream is to travel all over Japan, seeking the "ultimate, best ramen" (smile)

 

このページの先頭へ

 

宣教師 Minister/Associate Pastor
ジョエル・オズボーン Joel Osborne

 

 

カナダのオンタリオ州で、4人兄弟の一番下の弟として生まれる。グレイトレイクス・クリスチャン高校を経て、ネブラスカ州ヨーク大学で英語と教育学を専攻、音楽と聖書を副専攻。大学時代、LST(Let’s Start Talking)プログラムに参加し、ブラジルと日本へ。日本でフルタイム宣教師としての召しを確信。アビリンクリスチャン大学での学びを経て、カナダのブラマリー・キリストの教会をスポンサー教会として、他3人のチームと共に仙台キリストの教会で5年の計画で宣教師就任。

 

チームの解散後、2008年シンガポールとタイで一年間の長期有給休暇の中、宣教学と神学を学び、2010年4月より、水戸キリストの教会の宣教師。

 

水戸キリストの教会とベドック・キリストの教会(シンガポール)の支援によるバンヤン・コミュニティ・スクール(カンボジア、シェムリアップ)学長。趣味は、歌うこと、料理、旅行など。人好きで、礼拝することと、若者たちを弟子訓練し育てることに生き甲斐と神の召しを感じている。

 

Joel Osborne is the youngest of four siblings, born and raised in St. Ann's, Ontario, Canada. After graduating from Great Lakes Christian High School, he moved to Nebraska to complete a degree in English and Education, with minors in Music and Bible, from York College. While in university, he participated in the Let's Start Talking mission in Brazil and Japan, and it was during his experience in Japan that God called Joel to be a full-time missionary. He did studies in missions at Abilene Christian University before being sent by the Bramalea Church of Christ in Canada to Sendai, Japan in July 2002 with a team of three others for a five year commitment.

 

After his teammates left Japan, Joel spent a year sabbatical doing mission/theological study in Singapore and Thailand in 2008, then he returned to Sendai until accepting the invitation to work with Mito Church in the Spring of 2010.

 

He serves as President of Banyan Community School in Siem Reap, Cambodia which is primarily supported by the Mito and Bedok (Singapore) churches. Joel enjoys singing, cooking and traveling. He loves people, has a passion for worshipping God, and God has also nurtured within him a heart and a vision for discipling youth and young adults.

 

このページの先頭へ

 

伝道者見習い/事務補助 Ministry Apprentice/Administrative Assistant
赤星 浩晃 (あかほし ひろあき) Hiroaki Akahoshi

 

 

日立市出身。米国アビリン・クリスチャン大学でビジネスを学ぶ。2011年5月より3年間石巻での震災復興活動に携わる中、主の愛と平和と救いが自らに必要なことに気づき、2013年3月復活祭の日にバプテスマを受け、主の弟子となる。その後、牧会者としての献身を決意し、2014年4月より水戸キリストの教会伝道者見習いとしての働きに、2016年11月からは教会の事務補助の働きに就く。

 

若者たちの救いと導きに熱い思いを抱き、屈託のない笑顔とナイスな人柄をもって、茨城キリスト教大学キャンパスへ、毎週2回、出向きます。我らがホープとして、これからの成長と活躍を楽しみにしています。

 

Hiro was born and raised in Hitachi, and graduated with a degree in Business Marketing from Abilene Christian University in Abilene, Texas. After returning to Japan, and following the triple disaster of March 11, 2011, he began working full-time as a staff member of the relief team focusing efforts primarily on the city of Ishinomaki. It was during that time Hiro realized God's love and peace and the need for His gift of salvation, so he was baptised on Easter Sunday in March 2013 and is growing in his life as a disciple of Jesus.

 

Through his journey with Christ, he received and accepted the call to dedicate himself to ministry, and began his ministry apprenticeship with Mito Church of Christ in April 2014. He also started to work as an administrative assistant in November 2016.

 

He has a passion for sharing Christ's salvation with youth and guiding them to Jesus, and is engaging youth with his big smile and warm spirit on the campus of Ibaraki Christian University twice a week. We, the Mito Church family, see him as a bright light shining into the future and look with hope at what God will continue to accomplish through Hiro.

このページの先頭へ

 

執事 Deacons


鈴木 博之 (すずき ひろゆき) Hiroyuki Suzuki

 

 

水戸教会の宝とする"知性派"。会社員時代は、某メーカーの機関車の設計エンジニア。モロッコへの機関車を手がけたことも。そのクールに見える表情とは逆に、空手の有段者でもある。最近、若者たちが教会に増えてきていることを、秘かに微笑みつつ喜んでいる。

 

平島 慶子 (ひらしま けいこ) Keiko Hirashima

 

 

若者大好き!(特にイケメン系。本人も若いつもり?) 日本語クラスのみならず、様々なミニストリーに精力的に携わる。そこで生まれる人との関係を何よりも大切にする。外国人メンバーや海外からのお客様をいつもケアして下さっています。そんな慶子さんは、若者たちの好感度ナンバー1!

 

大杉 学 (おおすぎ がく) Gaku Osugi

 

 

東北大学大学院卒で、得意科目は科学と数学の家庭教師。キッズミニストリーを盛り上げるべく立ち上がった、空手有段者としてのリーダーぶりは、文字通り"かっこいい"!水戸の街に根をおろし、「地元水戸の街を盛り上げたい」という夢を持つ。恵勇会空手チーフインストラクター。我が教会のホープ、熱き次世代リーダーです。

 

生江 恵美子 (なまえ えみこ) Emiko Namae

 

 

情にもろく、涙もろい。まっすぐで、やさしい心の持ち主の、アメリカ大学留学での専門は、"心理学"。2011年春からの3年間は、東日本震災復興支援にも携わってくれました。2013年4月からは執事として、次世代リーダーとしての元気どころを見せてくれています!

 

このページの先頭へ