UA-155758187-1

新型コロナウイルスに伴う対応について 【2020年6月2日更新】

感染者数が全国的に減少し、緊急事態宣言が解除されましたが、これですぐに社会経済活動が再開すると、第二波や第三波も心配されています。ワクチンができるまでの間、ある意味コロナと共存しながらの新たな生活様式も求められています。誰もが先行き不透明な未来に向かって歩み出すのは、不安や恐れやストレスも大きいかと思います。教会も少しずつ自粛を解除していく方向ですが、まだしばらくは続くコロナ情勢を鑑みつつ、新しい教会の姿を模索したいと願っています。

 

1.オンライン礼拝を継続します。
水戸キリストの教会では、3月22日から集会を中止し、オンライン礼拝を通しての礼拝を続けてきましたが、今後も当面、これまで通り、主日礼拝は、YouTubeでのオンライン礼拝の配信を継続します。

 

2.諸集会や各種活動について

  • 不特定多数の方々との接触に伴う、新型コロナウイルスの感染による命のリスクを考慮し、6月以降も、接触機会を減らす目的から、各種活動やその他の集会は休会継続することとなりました。
  • 聖書クラスや祈り会は、引き続き、zoomを通して行います。
  • もしどうしても教会堂を使用したい理由がある方は、牧会スタッフに事前にご相談ください。

以上のことをご理解いただき、引き続き、集団感染対策へのご協力を何卒お願いいたします。また、状況の変化によって、変更点がありましたらお知らせいたします。この苦難を共に乗り越えることができますようにお祈りしています。

 

水戸キリストの教会

COVID-19 UPDATE 【June 2, 2020】

While the number of documented and confirmed cases of infections has decreased nationwide, and the declaration of emergency has also been lifted nationwide since May 25, there are still realistic concerns about a second and third wave as socio-economic activities resume. Until a vaccine can be developed and adequately distributed, we must learn and adopt a ‘new lifestyle’ that coexists with the virus and these concerns. It is completely understandable that a great deal of anxiety, fear, and stress exists as everyone moves toward an uncertain future. While the church as a body will also gradually remove self-restraint practices similar to the rest of society, it is still important for each individual in the body to pray diligently above all else, and to use wisdom and discernment from God in making decisions moving forward.

 

1. Online worship will continue
For the foreseeable future, just as we’ve been doing these past 11 weeks, the Sunday gathering as a church family for worship will continue to be distributed as an online service on YouTube for the time being. You can continue devoting your time on Sunday morning by worshipping online from your own home. We actually have a great opportunity in this moment as a whole body to explore and discover how we will be and express our church community in the future, so let’s look and pray hopefully towards that goal.

 

2. Gatherings, studies, outreach & service projects besides our Sunday worship

  • in consideration of the risk of infection with the new coronavirus, the leadership has decided that in order to protect all people, all other activities, meetings and service projects will continue to be cancelled, even after the month of June
  • bible studies and prayer meetings will continue through Zoom for the time being
  • if you have a reason you need to use the church building or property, please contact and get permission in advance from the pastoral staff

We kindly ask for your understanding and continued cooperation in the above listed measures to avoid outbreaks and clusters. In addition, we will inform you of any changes due to the situation. Let’s join together with one heart in prayer so that we may overcome this hardship as one family to the glory of God and as a testimony to others.

 

Grace and peace,
Mito Church Leadership (Pastors & Deacons)

 

新型コロナウイルスに伴う対応について 【2020年5月5日更新】

「緊急事態宣言」が5月末まで延長されることが決まり、茨城県も「特別警戒都道府県」に指定され、できる限り自宅に留まるようにと要請されています。私たちは、そのような危機の中で、感染防止要請に協力しつつ、教会として主のご命令に従い、礼拝と宣教の使命を果たすために、以下のようにいたします。なお、状況は週ごと、日ごとに変化していますので、変更する可能性があります。現時点での緊急的措置とお考えください。

 

水戸教会では2020年5月末までの主日礼拝は、YouTubeを利用して、各自でオンライン礼拝を行うことを続けていくこととします。現時点で、6月7日からの段階的な礼拝再開を計画しています。

 

日曜日や週の間の聖書クラスや小グループ、各種集会や行事や活動は、事態が収束するまで、引き続き、すべて当面お休みいたします。

 

改めて私たちは、「一つ所に集って礼拝をすること」、つまり、会堂で共に御言葉を聞き、聖餐で共に養われることは、決して当たり前のことではなく、まさに神の恵みであり、かけがえのない喜びであることを教えられています。その恵みが、現状では閉ざされていることは、まことに残念なこと、悲しいことです。

 

しかし、たとえ会堂に集うことができなくても、これからも私たちは主日礼拝と宣教の使命を何よりも大切にしていきます。YouTubeを利用して配信いたします。教会のホームページからもYouTubeにアクセスできるようになっています。各自、各ご家庭にて、恵み豊かな主日礼拝が献げられ、日々の生活に聖霊様の力が注がれますようにお祈りいたします。

 

この困難な時、私たちは、パウロが語る「苦難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと、私たちは知っているからです」(ローマ5:3〜4)を心に留め、忍耐と練られた品性のうちに一日も早い収束と、共に礼拝ができる日がくることを祈り、希望をもって待つ者でありたいと思います。

 

どうか主が、私たちを憐れんでくださり、この苦難の時を通して、私たちの信仰がさらに高められますように。そして感染症が収まり、共に会堂に集って礼拝を捧げる日が、一日も早く来ますように、共に祈ってまいりましょう。このような時こそ、御言葉により一層堅く立ち、主を確かに見上げ、希望を失わずに、祈りと絆を深めてまいりましょう。

COVID-19 UPDATE 【May 5, 2020】

In view of the risk involved with this specific virus, we remain committed as a church to obediently offer worship to our God as He commands, and to continue God’s Kingdom purposes and mission while also cooperating with the government’s request to do everything we possibly can to prevent the spread of infection. So we will be implementing the following measures as a church, outlined below, knowing fully that since the situation changes daily and weekly, these measures may also change. Please consider this still as an urgent measure for this time.

 

Mito Church will continue using YouTube to do online worship every Sunday from our own homes through the end of May 2020. At this point, we are planning a slow, gradual and phased restart of worship in some form at the building beginning June 7, 2020 (which will be announced later).

 

All Bible studies, small groups, gatherings, events, activities, and face-to-face outreach and service throughout the week (including Sundays) held by the church at the church building will continue to be cancelled until further notice.

 

In this difficult time, the words of Romans 5:3-4 are brought to our hearts and minds as we remember them: "We know that suffering produces endurance, endurance produces character, and character produces hope." We want to treasure and hold on to these words while we wait in prayer with expectation and hope for the time that will come again when it will be possible to gather in one place together again to worship God.

新型コロナウイルスに伴う対応について 【2020年4月1日更新】

新型コロナ・ウィルス感染拡大が拡大し、国内でも感染者が増えているころはご承知のことと思います。専門家たちは近く「爆発的感染(オーバーシュート)の重大局面」を迎えるようになると警告しています。それに関連して、3月30日から今日にかけての報道では、「ウイルスに感染している自覚がない人たちが密集して感染が広がる恐れがあるとして、密閉した空間に、密集し、密接に寄り合うという3つの条件が重なるか、あるいはそのうち1つの条件でも揃うと感染が広がる傾向がある(超微細な粒子による「エアロゾール感染」の可能性)」と述べ、特に若者に対し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。オリンピック延期が決定した途端のこの迅速な動きは、かえって事態がいかに危機的な状況にあるのかを物語っているようにも思えます。

 

私たちは、そのような危機的状況の中で、感染防止要請に協力しつつ、教会として主のご命令に従い、礼拝と宣教の使命を果たすために、以下のようにいたします。なお、状況は週ごと、日ごとに変化していますので、変更する可能性があります。現時点での緊急的措置とお考えください。

 

水戸教会では2020年5月のゴールデンウィーク明けまでの主日礼拝は、YouTubeを使用したオンライン説教を用いて、各自でオンライン礼拝を行うことにいたします。現時点で、5月10日の礼拝再開を計画しています。

 

日曜日や週の間の聖書クラスや小グループ、各種集会や行事や活動は、事態が収束するまで、すべて当面お休みいたします。

 

4月に予定されていますメモリアルデーや信徒総会などの大きな行事も、事態が収束するまで延期としたします。

 

そして、以下にお願いすることに、特に留意していただければと思います。

  1. 主なる神は、愛する者たちを「闇に忍び寄る疫病」や「真昼に襲う病魔」からお守りくださる御方です(詩編 91:6)。ですから、常に主の御前に「気をつけて、静かにしていなさい。恐れることはない」(イザヤ書7:4)、「静かにして信頼していることにこそ、あなたがたの力がある」(イザヤ書30:15)と言われています。この世の何者もわたしたちを「キリストの愛から引き離すことなどできない」(ローマ 8:35)という信仰を、この事態の中で新たにして参りましょう。
  2. 同時に、心に刻みたいことは、自分たちの信仰を確かにするとともに、隣人も含め、すべてのいのちを守るための愛の配慮です。不特定多数の方々との接触を余儀なくされる教会員や、その影響をすぐに受ける可能性があるご家族のこと、また地域での社会的責任も考慮しながら、この事態に対処してください。
  3. このため、できる限り外出をお控えください。ご高齢の方や持病をお持ちの方は、感染すると重症化する確率がきわめて高いことをふまえ、若者たちも、できる限り外出せず、礼拝も、教会へは行かず、ご自宅で家庭礼拝をお守りくださるように強くお勧めします。ご自分が感染しないためだけでなく、他の人に感染させるリスクを減らすためでもあることをご理解くださるようにお願いいたします。
  4. 教会としても、政府の自粛要請に従い、不要不急の旅行(県外への旅行や海外渡航)は避けるようにお願いします。海外渡航者については、現時点では、「症状がないこと、公共交通機関(鉄道、バス、タクシー、航空機(国内線)等)を使用せずに移動できることが条件となりますので、事前にご家族やお勤めの会社等による送迎、ご自身でレンタカーを手配するなどの移動手段の確保を行ってください」との要請が出ています。旅行する方は事前に牧会スタッフにお知らせください。また、具体的な助けが必要な方はどうぞご連絡ください。家族以外の方は、2週間自宅待機となっている教会員との接触は避けるようにしてください。感染拡大のリスクを防ぐため、他教会員の空港の迎えや接触も避けるようにお願いいたします。
  5. たとえ礼拝やその他の集会のお休みを決断したとしても、神様を礼拝したり、祈りの生活を休止するのではないことは言うまでもありません。それぞれの家庭による礼拝と祈りの生活を欠かさないようにしましょう。私たちは一つの信仰によってお互いが強く結ばれているという意識を共有し、この危機の中で教会共同体の絆を深めていきたいと思います。
  6. 何よりも、全てのものの支配者である主なる神様の導きを一緒に祈るとともに、人類の英知を集めてこの感染問題に取り組むことができるよう、教会でも、個人的にも、嘆願と執りなしの祈りを共に祈っていただきたいと思います。
  7. なお、感染者に対するバッシングや特に中国や韓国の人々のコミュニティーに対するヘイト的言動が起こっています。それらの動きに対して注意し、病者やこの世の旅人、寄留者たちを愛してくださった主イエスに従い歩むことができますように。(マルコ1:41、7:24、1ペトロ2:11)
  8. 最後に、教会と牧会者スタッフとその家族のためにお祈りください。すでにこの事態の中でかなり多忙になってきていますが、奔走して心身が疲弊、摩耗することがないように留意しなければなりません。共に福音宣教の働きにあずかり、「互いに」仕え合い、必要を満たし、良き協力者として支援していくというパウロの教えを実践して参りましょう(ルカ8:2〜3、フィリピ4:18、1テサロニケ5:12〜13、ヘブライ13:17)。万が一、牧会スタッフが倒れると、教会は多大な影響を受けます。そのような事態にならないように、お祈りくださいますように、お願い申しあげます。

苦難の中であり、ウイルスに感染されて闘病中の世界中の方々、愛する人を失ったご遺族、またこの件で大きな課題、試練に直面している方々、全世界の教会のために祈りましょう。私たちが、神の栄光を映し出す、希望と光となることを求め続けていきましょう。主の癒やし、平安、導きがありますように、切に祈ります。

 

水戸キリストの教会

COVID-19 UPDATE 【April 1, 2020】

The expansive spread of the new coronavirus and the number of infected people is increasing in number and speed in Japan. Experts warn the ‘critical phase of explosive transmission’ (otherwise referred to as ‘overshoot’) will approach soon. On March 27, Governor Koike of Tokyo expressed grave concern that people were widely spreading the infection unaware of being carriers and transmitters of the virus themselves. She particularly told young people very strongly to refrain from any unnecessary outings or gatherings, stating “The tendency for spread of infection seems to be happening without knowledge of doing so more amongst seemingly healthy young people who are asymptomatic carriers, especially in but not limited to gatherings and enclosed spaces where people are in close proximity to one another.” New research shows that not only coughing and sneezing, but even talking emits virus-laden microbes that remain in a widespread area for over 20 minutes, and that the virus can remain on various surfaces for up to hours or days. The recent decision by the national government to postpone the Olympics until July 2021 has brought rapidly increasing reports of how critical the situation is becoming nationwide.

 

In such crisis, we remain committed as a church to obediently offer worship to our God as He commands, and to continue God’s Kingdom purposes and mission while also cooperating with the government’s request to do everything we possibly can to prevent the spread of infection. So we will be implementing the following measures as a church, outlined below, knowing fully that since the situation changes daily and weekly, these measures may also change. We request all members to observe these emergency measures very seriously for the time being.

 

Mito Church will continue using YouTube to do online worship every Sunday from our own homes until the end of Golden Week in May 2020. At this point, we hope to resume gathering at the building to worship together on May 10, 2020.

 

All Bible studies, small groups, gatherings, events, activities, and face-to-face outreach and service throughout the week (including Sundays) held by the church at the church building are cancelled until further notice (until there is clear change in the current pandemic).

 

Larger events that happen annually in April (Memorial Day @ church gravesite, Annual Community Celebration) are postponed until the situation has changed and it is deemed safe enough to do so (in light of the current pandemic).

 

And we ask everyone in our church family to pay particular attention to the following requests, and ask for your cooperation as much as possible:

  1. The LORD God is the One who protects us and others from ‘the disease that stalks in the darkness’ and ‘the disaster that strikes at midday’ (Psalm 91:6). Therefore, we hold to these words: “Be careful, keep calm and don’t be afraid” (Isaiah 7:4) and “in quietness and trust is your strength” (Isaiah 30:15). We take this opportunity to be reminded ourselves and to testify to others of our faith in Jesus and that nothing and no one “shall separate us from the love of Christ” (Romans 8:35).
  2. Likewise, our faith affirms and obeys God’s command to love our neighbor and to see their lives and our own as a gift from God. We must commit to do what we can to protect every life. This means we must be socially responsible in the community, taking into account every individual life in our church, our families, and the families of anyone we would potentially meet (workplace or public).
  3. For this reason, we ask you to please refrain from going out as much as possible. Elderly people and those with chronic illnesses or compromised immunities (both for those who we are aware of, and unaware of) are extremely susceptible to severe infections. We strongly recommend and request that even our young people stay home as much as possible, avoid gathering for fellowship times as well as going to and participating in worship and events of other churches, and worship from your own home. We ask for your understanding that this is not only to lessen your risk of infection, but also to reduce the risk of transmission to others and thereby protect them, their families, and their coworkers as well.
  4. As a church, we advise following national and local directives: avoiding any unnecessary travel (outside the prefecture or outside of Japan). Even in an emergency, the decision is one’s own personal responsibility so we ask each person to make proper, responsible arrangements with family and employers. Please notify church staff beforehand if you do travel or if you need help so we can find appropriate ways to do so. Please avoid any contact (other than online) with any other members for a minimum two week quarantine, and do not ask church members to provide airport transportation or other help as it puts other people at risk.
  5. Perhaps it goes without saying that even though we are ceasing to meet together publicly at one location for the time being, we are not ceasing to worship God and to have active prayer lives. Let’s resist any temptation to slack in our attitude towards, as well as care and passion for worship and prayer to God together with our church family. Even from various locations, we want to have a shared sense of our unity of faith, remaining strongly connected to each other, and looking creatively for ways to encourage one another from the word of God in prayer and deepen our bonds as a church family during this crisis.
  6. Above all, we want to pray together as one body empowered and led by our LORD God, ruler of all creation, petitioning that our God would grant wisdom to us as a church and to each one individually, as well as to people and leaders and medical personnel around the world as we seek to fight this infection.
  7. We are aware of increased discrimination and hate crimes against foreigners, and especially towards Chinese and Korean communities. We wholeheartedly condemn these actions and attitudes, recalling our Lord and Savior Jesus’ own life and teaching amongst the weak, the sick, the displaced and the foreigners, and as a church we will seek to follow his example and teaching. (see Mark 1:41, Mark 7:24, 1 Peter 2:11)
  8. Finally, we request all members to pray for the church, for pastoral staff and their families. All of us are already quite busy and stretched in this situation, but we must be especially careful not to overwhelm or wear out caregivers’ and leaders’ minds, hearts, and bodies. This is the biblical ‘one another’ principle and follows Paul’s teaching to give more care to those charged with the responsibility to give care and to lead (Luke 8:2-3, Philippians 4:18, 1 Thessalonians 5:12-13, Hebrews 13:17). Should pastoral staff fall, the church will be greatly affected and impacted so we ask you to pray diligently that this will not happen.

We are definitely facing a time of hardship, and the whole world is struggling with this virus. Let us pray and be both mindful and sensitive towards the bereaved families who have already lost loved ones, and those who are facing major challenges financially or otherwise. Let us continue to seek to be hope and light for the glory of God. And let us pray for healing, peace, and continued guidance from the LORD God.

 

Mito Church of Christ

新型コロナウイルスに伴う対応について 【2020年3月20日更新】

新型コロナウィルスの全世界への感染拡大の中、神様の導きと知恵を求め祈りつつ、必要以上に恐れたり不安に陥ることは避けなければなりません。それと同時に、教会員やその家族、地域の方々への感染防止を考え、そのための備えは必要なことだと思います。

 

つきましては、新型コロナウィルスの感染の可能性を避けるために、水戸教会では、2020年3月22日、29日の主日礼拝は、教会堂で共に集まって行わず、YouTubeを使用したオンライン説教を用いて、各自でオンライン礼拝を行うことにいたします。

 

どうか日曜日の朝10時からの時間を聖別し、各自や各家庭で礼拝を捧げる時として下さい。場所は違えど、心を合わせて共に声を上げて賛美し、御言葉を聞き、主を礼拝できればと思います。聖餐のパンとぶどうジュースを準備したい方は、簡単なレシピがありますので、ジョエルへご連絡ください。また、献金も聖別して取っておいて下されば幸いです(集める方法については後日ご連絡させていただきます)。

 

なお、3月中の日曜日や週の間の、教会堂を使用しての聖書クラス(日曜日と水曜日)、各種集会や活動、小グループもすべて中止とさせていただきます。4月以降の礼拝やその他の集会の対応については、日々刻一刻と変わる状況を見ながら、後日お知らせします。以上は、現時点での緊急的措置とお考えください。もしどうしても教会堂を使用したい理由がある方は、恒枝またはジョエルに事前にご相談ください。

 

以上は、簡単な決断ではなく、断腸の思い、苦渋の決断です。聖書の教えの通り、週の初めの日に共に集まり、御言葉と聖餐の恵みを受け、共に集まる共同体の恵みをいただいてきたことは、本当に当たり前のことではなく、恵みです。苦難の時に、神様は、お互いを励まし合い、私たちが平和の使者となることを望んでおられます。その中で、ご年配の方々や子どもたち、妊娠中の方や持病を抱える方々などの安全や感染防止を守る責任もあり、後手に回ることなく、群れや地域を守るための決断に導かれました。

 

主は、恐れと心配の霊ではなく、「力と愛と思慮分別の霊」(2テモテ1:7)を与えてくださいました。私たちは信仰者の民であるという真理を覚えましょう。私たちは、愛をもって世界を造ってくださった造り主である神を礼拝し、命をささげ、よみがえられた救い主に仕えています。苦難の中でも、主を礼拝し続け、御言葉を宣言し、お互いに愛し合い、力強く前進していきたいと思います。

 

なお、健康上の問題や霊的な葛藤などありましたら、牧会スタッフにご連絡ください。また、この苦難の中で、牧会スタッフや教会リーダーの健康や霊性が守られるようにもお祈りくだされば幸いです。皆様の健康と信仰が守られ、感染の広がりが抑えられますように。神様の守りと祝福をお祈りいたします。

 

「あなたがたは心を騒がしてはいけません。神を信じ、またわたしを信じなさい。」(ヨハネによる福音書14:1)

COVID-19 UPDATE 【March 20, 2020】

As we seek to prayerfully discern our situation regarding the COVID-19 pandemic, we lean upon God's wisdom and guidance from the Holy Spirit. We seek to be faithful rather than fearful, to consider our entire community, and to be hope and light in these trying times.

 

We appreciate the response our church family has demonstrated overall in word, attitude, and action. We also appreciate the challenges that leaders on all levels are facing, as well as medical personnel who are trying to provide us with judicious direction and care, and we will continue to pray for them as a church.

 

The leadership of Mito church has been led to cancel any gathering as an entire community or in groups effective immediately through March 31 as a provisional step. This includes all small group studies and gatherings by pastoral staff and members, as well as worship and bible studies for the following two Sundays (March 22 & 29) and Wednesdays (March 18 & 25). After two weeks we will reassess our next step. We will make recordings and post them on YouTube.

 

We ask everyone to set aside Sunday morning at 10 AM to worship in your homes. You will need to provide your own communion bread and grape juice, but if you need a simple recipe, contact Joel. Also, please set aside offerings and we will instruct later how we will gather those. Especially at this time, we sense the needs will become more, as will the opportunities for us to help as a church.

 

While this should always happen, particularly during these two weeks, we request everyone to refrain from gathering at or using the church building for any reason unless you have prior permission from Atsushi or Joel.

 

This has not been an easy decision, and it is not made lightly. We do believe scripture teaches us to meet together on the first day of the week. We receive grace and hope in the Word and the Table, and through the gift of community. In difficult times, God uses us to be ambassadors of His peace to each other and to others.

 

Likewise, we are taught by Jesus to care for the vulnerable and for our neighbors. We make this sacrifice to ensure we proactively protect our elderly, expectant mothers, and members who are immunocompromised or have pre-existing illnesses. We seek to protect our testimony of the gospel and the reputation of our God and our church family to Mito city, Ibaraki prefecture, and to family and friends who aren’t yet Christ followers, so they may know we follow Christ’s example in this way.

 

The Lord has not given us a spirit of fear and anxiety, but a spirit of power, love, and self discipline (2 Timothy 1:7). Let us remember this important truth: we are a people of faith. We worship a sovereign God who created this world as an outpouring of love, and has promised to bring it to completion. We serve a risen Savior who gave up his life and resurrected, so that death holds no fear or victory over us. We are guided and empowered by the Holy Spirit. We will continue to worship the Lord, proclaim His Word, love one another, and care for our neighbors as Christ commanded.

 

If you have an emergency or physical needs or spiritual needs, please contact a pastoral staff. Please pray for the pastoral staff and leaders at this trying time as well, that we may remain healthy, strong, and empowered by the Spirit. Let's all take a proactive approach to encourage each other and pray for each other - both for leaders and for fellow members.

 

"Don't let your hearts be troubled. Trust in God, and trust also in me." (John 14:1)

新型コロナウイルスに伴う対応について 【2020年3月4日】

  • 新型コロナウイルスによる感染が拡大し、重篤な症例が複数報告されています。厚生労働省によれば、「今後の国内での健康被害を最小限に抑える上で、今が極めて重要な時期」であるため、感染拡大の防止という観点から、集会の開催について検討するよう要請がなされています。同感染症をめぐり、不確かな情報に基づいて、いたずらに恐れや不安をあおるようなことや不平不満や批判の言葉は避けなければなりません。と同時に、子供たちやご高齢の方の安全や感染防止も考える必要があります。感染防止への備えは必要なことだと思います。
  • つきましては、水戸教会では、以下のように対応いたしますので、皆様のご協力をお願い致します。教会内外の人々の健康を祈り、当面の間、以下のことを心に留めてくださるようお願い申し上げます。

 

主日礼拝について

◎ 礼拝は、現段階では、通常通り行う予定です。

 

礼拝中の子供聖書クラスについて

3月の子供クラス(バイブルアドベンチャータイムとチャイルドケア)は、すべてお休みとさせていただきます。

 

日曜聖書クラスと水曜夜の聖書クラスについて

◎ 現段階では、通常通り行う予定です。

 

◎ 手洗い&うがい、アルコール消毒など各自徹底をお願いします。必要とされる方はマスクを着用して下さい。体調のすぐれない方や基礎疾患のある方は出席をお控えください。発熱・咳・鼻水等の症状がある方は、お休みください。

 

EBCと恵勇会空手キッズクラブについて

3月のEBCと恵勇会空手キッズクラブは、すべてお休みとさせていただきます。4月以降に日を改めて振替クラスを行いたいと考えておりますが、その際にはまたご連絡いたします。

 

その他の集会について

◎ それぞれの担当責任者にご相談ください。

 

*4月以降の礼拝やその他の集会の対応については、後日、状況を見てお知らせします。以上は、現時点での緊急的措置とお考えください。礼拝に出席できない皆様も、それぞれの場で聖書を読み、お祈りをお捧げ下さいますようお願いいたします。

 

病で苦しんでいる方々の回復、最前線に立っている医療現場の方々や政府機関の方々を覚え、新型コロナウィルス感染症の一日も早い終息を祈りましょう。

 

水戸キリストの教会